「子どもの権利」の理念を実現させるために