映画『シモーヌ』2022 – フランスで最も愛された政治家

紹介文はこちら

映画『スペシャルズ!』2019 – ニーズのある福祉の必要性を訴える

現場発、民間発で福祉を築いている様子を描いている

リンクはこちら

映画『パリ警視庁:未成年保護特別部隊』2011

映画『イン・セイフ・ハンズ』2018 – 匿名出産、里親と養子縁組2

イン・セイフ・ハンズ あらすじ by Awa
ジャンは里親をしている。けれど、柔軟ではない里親支援機関の対応に嫌気がさし、仕事を離れようかと悩む。
アリスは養親になりたく、パートナーと承認を得るため養子縁組機関のリディとの面接に臨む。最低9ヶ月かかるプロセスで養親として準備ができているかチェックを受ける。
21歳のクララは一人病院に向かい、出産を前に、自分の子どもを育てられないと匿名出産を希望する。各県に2人ずついる匿名出産専門のソーシャルワーカーマチルド(自転車の女性)がクララに会いにきて、育てたい場合支援があることを伝える。
結局クララは産んだ赤ちゃんテオを養子縁組に託すことを決め、里親支援機関のエデュケーターカリン(グミやガムが好き)とジャンがテオを迎えに来る。
テオが養親に出会うまでどのように時を過ごすのか..
専門職たちが、子どもと母親の幸せのために奮闘し、福祉を作り出すようすを描く

映画『ワンダーボーイ』2019 – 匿名出産で生まれた子どもの出自情報へのアクセス

映画『太陽のめざめ』2015 – 子ども専門裁判官

リンクはこちら

本『光の人』2018 – 日本のミリタン

1000人の孤児を救うため、ひとりの男が立ち上がった。 戦後。 廃墟と化した東京を中心に、全国で十二万三千人の「戦争孤児」が生まれた。自ら飯を調達して食べることができず、寝泊りする場所すら持たない子供が、唐突に十二万人以上現れたのだ。 国から見捨てられた孤児たちの命と未来を守るため、一人の男が立ち上がる。(Google Books)